男を不快にさせるS女は山ほどいるが、性的にS気質として男を満足させるS女は貴重

MENU

セックスでドSになる女こそ本物のS女と言える!

SM談義をしていると必ず話題に上がる事がある。

S女は極めて貴重な存在

 

とにかくSMを楽しむ上で圧倒的にS女が不足しているのである。

 

SMのプロとして活躍する女王様には、女王様一人当たり数十人のM奴隷がいるなんてのは当たり前の話。

 

需要と供給がアンバランス過ぎる。

 

本当のSM調教を行える女王様なんてのは絶対数自体が少ないし、その反面M男というのは山のようにゴロゴロ転がっている始末・・・

 

S女不足について

 

しかしだ、S女というのは日常生活においてはゴロゴロしていると言う見方も出来る。

 

但し、この「S女」と言う意味はあくまで「日常生活上においての話」だ。

 

例えば、付き合っている彼女や既婚者の方は自分の妻を想像して欲しい。

 

付き合った当初は従順で可愛かったパートナーだが、同姓してみると徐々にSの本能を見せ始める。帰りが遅いと問答無用で鬼電して来て

「遅くまで何やってんだ!早く帰って来い!」

 

「帰りに洗剤買って来い!」

なんて言われる事は日常茶飯事。

 

少し部屋を片付けないと

「掃除しろカス!」

 

「汚ねえ靴下置きっぱなしにするな!臭いんだよボケ!カスッ!」

などと罵倒されている旦那さんなども多いだろう。

 

これらの状況は、特に付き合っている関係や結婚している時期が長い程、顕著に見られる傾向が強い。つまり、女ってのは実に身勝手な生き物なのである。

 

これらの小言を垂れ流す女というのは間違いなくS気質と言える。しかし、男が求めているS女とはまるで違うタイプのS気質だ。男が求めているのはあくまでセックスの時にS気質を発揮する女の事である。

 

私はこの状況を「男と女におけるSM気質のすれ違い」と呼んでいる。

 

因みに、プロのSM上王様というのはセックスの時における男が本当に求めるS女を完全に把握しているタイプの女性である事が多い。

 

つまり、女王様を演じている側面がある。

 

残念なことに、一般の素人女がこのような男が本当に求めているS気質を理解するケースは殆ど無い

これは本能レベルでの男女の違いなのかもしれない。

 

どんなに気の荒い女でもセックスの時は猫みたいなM女になってしまう・・・M男にとってこんなに悲惨な状況は無いだろう・・・

 

この極めて少ないセックスでSになれる女を増やすにはどうすれば良いのか?私は思う。

 

これは結局の所、男が根気良く調教して行くしか無いのである。

 

例えばパートナーとのセックスの時にマグロにさせずに少しでも奉仕させる喜びを刷り込んで行く。その為にはフェラチオして貰っている時に

 

「フェラチオ上手くなったね?凄く気持ち良いよ?もっと気持ち良くなりたいからアナルに指を入れながらしてみて?」

 

などと少し変態プレイをやらせてみるのである。そして、アナルに指を入れてもらったら思い切りM男を演じてみるのである

 

「あああああ~~~○のアナル攻め凄い気持ち良い!もっと奥まで入れて!」

 

褒めつつ、徐々にセックスで攻める事への楽しさを植え付けるのだ。女は男の反応には敏感な生き物。これをすれば喜ぶんだな?と言う事を分からせれば、次回のセックスからは積極的にアナル攻めをして来る可能性はある。

 

不愉快なSを快楽のSに変える作業

これがM男を味わいたい男に必要な努力ではないのだろうか?

 


PAGE TOP